目標となる人の下で
成長できる環境がある

建設事業部 土木・環境施設部
兵頭 宗一郎Soichiro Hyodo

●入社年 / 2016年入社  ●最終学歴 / 八幡浜工業高等学校 土木科卒業
  • ABOUT JOB仕事内容について
    仕事内容について

    仕事内容について 兄弟や従弟も土木関係の仕事をしていて、私も自然とこの道に進みました。西田興産は地元で有名ですし、川の清掃など地域貢献をしているところも良いなと思い入社を決めました。建設事業部には営業部と舗装部もありますが、願っていた土木・環境施設部に配属されてうれしく思います。
    「現場監督」として、上司や先輩に付き、施工管理や出来形管理(図面通りの形になっているかどうかの確認)、品質・安全管理、書類作成の補助を行っています。補助だけでなく、協力会社に施工内容の指示や測量を私がやることもあります。担当は河川・堤防工事です。降雨の際はダムの放流によって水位が上昇したり、海に近い現場では潮汐の影響受けたりするので臨機応変に対応しなければいけません。今の現場は工期が1年くらいで、協力会社が10社程度、延べ人数で2,000人くらいが関わっています。そうした案件を上司・先輩の下ではありますが、管理する立場で働くので自然と責任感は備わってきたと思います。

  • POINT西田興産の魅力
    仕事のやりがい

    目標とする人が身近にいることが良いところです。一緒に仕事をする機会が多い岸野さん(先輩の声 岸野実 参照)は、知識や対応力など全てにおいて凄いなと憧れています。後輩や部下が質問しやすい雰囲気を作ってくれていることはもちろん、困ったときのアドバスが的確なんです。他の先輩も皆、経験豊富で尊敬できます。私も見習って、まずは小さい現場からでも早く一人でこなせるようになりたいです。
    あと、月並みですが、手当がしっかりあるのがうれしいです。妻と子供がいるので家族手当や通勤手当があったり、勉強中の土木施工管理技士の資格が取れれば資格手当がもらえるようになるのがいいですね。また、土木業としては、大きい構造物を皆で作り上げる達成感があります。日に日に現場が変わっていく様子を着工前から完成まで見守れるのは現場監督ならではの醍醐味ではないでしょうか。

SCHEDULE
ある日のスケジュール

午前

07:30出社。タイムカードを押して現場へ出発。

08:00ラジオ体操・朝礼・KY活動

08:15現場作業開始

10:30現場巡察等

午後

12:00昼休み

13:00翌日の作業内容の確認

15:00現場巡視等

17:00現場終了

想いをつなぎ、共に歩む人々

藤岡 将臣 藤岡 将臣生産事業部(大洲生コン工場) 1999年入社
岸野 実 岸野 実建設事業部(土木・環境施設部) 2000年入社
毛利 和史 毛利 和史生産事業部(南予環境保全センター) 1999年入社
正岡 美樹 正岡 美樹PC事業部(営業部 技術設計課) 2016年入社
足立 健太 足立 健太PC事業部(管理部 業務課) 2013年入社
松井 宏憲 松井 宏憲PC事業部(製造部 製品管理課) 1998年入社
清田 貴士 清田 貴士PC事業部 (製造部 製造管理課) 2003年入社
兵頭 宗一郎 兵頭 宗一郎建設事業部 (土木・環境施設部) 2016年入社